●おすすめBOOK
幕末史
はたして明治は「維新」だったのか? 大ベストセラー『昭和史』の著者が、激動の幕末を語り下ろした待望の書。

多くの才能が入り乱れ、日本が大転換を遂げた二十五年間。黒船来航から西南戦争まで、大混乱の時代の流れを、軽妙な語り口で平易かつ刺激的にひも解いてゆく。はたして明治は「維新」だったのか。幕末の志士たちは何を成し、また成さなかったのか――。独自の歴史観を織り交ぜながら、個々の人物を主人公に活き活きと描いた通史。







著者:半藤一利
出版社:新潮社
<目次>
「御瓦解」と「御一新」/
幕末のいちばん長い日―嘉永六年(一八五三)ペリー艦隊の来航/
攘夷派・開国派・一橋派・紀伊派―安政五年(一八五八)安政の大獄/
和宮降嫁と公武合体論―文久二年(一八六二)寺田屋事件/
テロに震撼する京の町―文久三年(一八六三)攘夷決行命令/
すさまじき権力闘争―元治元年(一八六四)蛤御門の変/皇
国の御為に砕身尽力―慶応二年(一八六六)薩長連合成る/
将軍死す、天皇も死す―慶応二年(一八六六)慶喜将軍となる/
徳川慶喜、ついに朝敵となる―慶応四年(一八六八)鳥羽伏見の戦い/
勝海舟と西郷隆盛―慶応四年(一八六八)江戸城の無血開城/
戊辰戦争の戦死者たち―明治元年(一八六八)会津若松城開城/
新政府の海図なしの船出―明治四年(一八七一)廃藩置県の詔書/
国民皆兵と不平士族―明治六年(一八七三)征韓論に揺れる/
西郷どん、城山に死す―明治十年(一八七七)西南戦争の勝者/
だれもいなくなった後―明治十一年(一八七八)参謀本部創設



<著者紹介>
1930年東京生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋に入社。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、取締役などを経て作家に。『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞、『ノモンハンの夏』で山本七平賞、『昭和史 1926-1945』『昭和史 戦後篇 1945-1989』で毎日出版文化賞特別賞を受賞。『日本のいちばん長い日』、『[真珠湾]の日』、『清張さんと司馬さん』、『この国のことば』、『それからの海舟』、『昭和史探索』(全6巻)、『山本五十六』、『卜部日記 富田メモで読む人間・昭和天皇』(共著)など、著書多数。

このページへのご意見・ご要望は kyoiku@sainokuni.ne.jp ▲トップページ