●おすすめBOOK
イソップ童話を読んでいるうちに算数大好き!
子どもたちが大好きなイソップ童話。そのお話の中には、いろいろな算数問題がかくされているのです。
『ウサギとカメ』のお話を読みながら、速さと時間の関係は勉強できる、『オオカミと少年』では、証明の勉強ができます。証明は中学生以上で習うものですが、本書では、とっつきやすい問題に置き換えていますので、いつの間にか、小学生のうちに算数脳とひらめき力を身につけておくことができるのです。

かんたんに算数脳がきたえられひらめき力も身につく本。
小学校3・4・5年生にピッタリ。

著者:長沢秀一
出版社:東邦出版
ウサギとカメ―速さと時間のふしぎ
北風と太陽―まるを使って数をもとめよう
アリとキリギリス―暗算が速くなる術
金のオノ、銀のオノ―重さくらべ
金の卵をうむガチョウ―2倍ずつふえていく数
オオカミと少年―正直者はだれ?
肉をくわえたイヌ―大きいのはどっち?
人間の寿命―分数の工夫
『著者紹介』
長沢秀一[ナガサワシュウイチ]
1967年、新潟県生まれ。早稲田大学教育学部理学科・数学専修卒。有名進学塾の講師を経て、独立。現在は中学・高校生を対象とした個人塾を主宰している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
このページへのご意見・ご要望は kyoiku@sainokuni.ne.jp ▲トップページ