●おすすめBOOK
こうすれば教えられる 小学生の英語 〜考え方から研修、指導まで
町田市、八王子市、三鷹市、函館市などで、カリキュラムや指導案の作成、現場教師の研修、モデル校養成に携わってきた第一人者による、不安解消のアドバイス。「英語ノート」の使いこなし方、子どもが喜ぶ絵本、覚えておきたい教室英語なども紹介。














著者:佐藤久美子
出版:朝日出版社

目次
○小学校英語の成功のカギ
○どのような英語を、だれが、どのような方法で教える?
○現場の先生方の声、生徒の声
○「英語ノート」をどのように使いこなすか?
○「英語ノート」が配布されなくなったら?
○指導案と授業展開例
●教室英語、まずこれだけ覚えましょう
●小学校英語で活用できる絵本




<著者紹介>
佐藤久美子(サトウクミコ)
津田塾大学学芸学部英文科卒業、津田塾大学大学院博士課程修了。言語心理学、英語教育専攻。現在、玉川大学教授・リベラルアーツ学部学部長。子どもの音声言語獲得や言語発達の過程、母子相互作用の影響などの研究に取り組み、またその科学的なデータに基づく小学生から社会人までの英語活動及び英語教育の指導法・教材開発を推進。1998年から4年間、NHKラジオ『基礎英語3』の講師を勤め、近年は町田市や稲城市の教育委員会から委託を受け、カリキュラムや教材作成を行い、教員対象の小学校英語活動トレーニング講座を多数開講(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
このページへのご意見・ご要望は kyoiku@sainokuni.ne.jp ▲トップページ