●おすすめBOOK
中学生のための読解力を伸ばす魔法の本棚
人間力・生きる力をつけ、学習能力を伸ばすには「本」は外せない。
 自由な校風で知られる名門進学校麻布学園では、生徒指導の軸に「読書」を挙げています。
 思春期の子どもにとって、自分の内面と向き合い人間力をつける重要なツールになると考える学校の方針の元、徹底的な読書指導が行われています。そのメソッドを現役国語教師である著者が紹介します。
 また、思春期真っ直中の中学生の揺れる心や生活をどのように支え、学習能力を伸ばしていくのか、思春期の子どもの特徴、親がやるべきこと・やってはいけないことなど、保護者が家庭でできることについて具体的にアドバイスします。
 「反抗期の子どもにどう接していいかわからない」「子どもが友人関係で悩んでいる」「中学での勉強を高校・大学受験にどうつなげるのか」「国語の成績が伸びない」といった保護者の悩みをこの一冊で解消します。
巻末には、小説から哲学まで全205冊のおすすめブックリストを掲載。


著者:中島 克治
出版:小学館

目次

第1章 中学生は大変だ!
第2章 中学生から伸びる子はここが違う
第3章 中学生だからこそ本を読もう
第4章 実践!読解力を高める読み方
第5章 国語嫌いを克服しよう 必ず力がつくサブノートの作り方
第6章 おすすめブックリスト




<著者紹介>
中島 克治(なかじま かつじ)
麻布中学・高校を経て、東京大学文学部卒業。東京大学大学院人文科学研究科博士課程に進んだ後、麻布中学・高校国語科教諭となる
このページへのご意見・ご要望は kyoiku@sainokuni.ne.jp ▲トップページ