●おすすめBOOK
学びのための英語学習理論 つまずきの克服と指導への提案
英語学習者の代表的なつまずきの原因と克服の方法を、言語習得と言語処理の理論を援用しながら系統立てて考察し、実践と理論の調和から、より効果的かつ効率的な英語指導が展開できることを示す。英語教師必携の書であるとともに、英語の学習過程におけるつまずきの原因と解決策が示されているので英語学習者にも役立つ。「経験と勘である」と思われ、先輩の指導方法が連綿と受け継がれる英語教育に理論的根拠を与え、「経験と勘」の世界から英語学習を解き放つ。





著者:中森誉之
出版社:ひつじ書房
<目次>

第 1 章 英語学習理論の背景
第 2 章 音声
 Topic 1 パソコンを活用した音声学習
 資料1 英語母語話者と日本人英語学習者の音声特徴
 資料2 音声変化
 資料3 弱形一覧
第 3 章 文字とつづり
 Topic 2 フォニックス法とホールワード法
第 4 章 語彙
 Topic 3 コーパス
 Topic 4 Lexical Approach
第 5 章 構造
 資料4 原理とパラメターのアプローチ
第 6 章 運用
 Topic 5 教師の英語運用能力
第 7 章 教育への提案
 資料5 学校教育臨床のためのつまずきシート

<著者紹介>
中森誉之
京都大学大学院人間・環境学研究科准教授。専門は英語化教育法、第二言語獲得


このページへのご意見・ご要望は kyoiku@sainokuni.ne.jp ▲トップページ