●おすすめBOOK
日本と中国-相互誤解の構造
日本と中国の交流は進み、相互理解は深まっているように見えるが、「同文同種」の底にあるのは実は相互誤解ではないのか。両国の言葉と文化の類似性と独自性を歴史的に検証し、相互理解への道を探る。


著 者:王 敏
出版:中公新書
 

目次

第1章 漢字と国字—「漢字文化」体験から教えられるもの(漢字を楽しむ文化
「同文同種」の疑問
国字を創らせた日本文化の独自性
戦前の中国人留学生と翻訳革命
「仮名」文化と漢字文化
「詫び」「寂び」にぴったりの外国語は
一輪挿しの啓発)


第2章 謝罪もマニュアル必要—「寛容文化」体験から教えられるもの(犯人に「ありがとう」と感謝した警察側何を詫びるかが問題)


第3章 「話せばわかる」のか—表現形式から教えられるもの(大事なことほど以心伝心ですます文化
おとなしい修飾表現の日本語
日本語と中国語を比べれば
憤りも悲しみも喜びも無言)


第4章 言葉にも季節がある—自然体験から教えられるもの(季語との出会い
自然への気配り
季節の習慣化と魯迅の手紙
古代にさかのぼるほど、中国でも「季語」意識
自然に求める生命観・感性が本性の日本文化)
第5章 未完成の課題—日本研究の先駆者に教えられるもの(中国人先駆者の提言
代表的な三つの模索)


<著者紹介>

法政大学国際日本学研究所専任所員・教授、同済大学(上海)客員教授
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

このページへのご意見・ご要望は kyoiku@sainokuni.ne.jp ▲トップページ